入院でうつ病になった心を癒す【社会生活に支障をきたす】

心の病とストレスの関係

カウンセリング

ストレスから生じる内容

うつ病に様々ありますが、社会に対して不安があり、社会に危険が存在すると考え、無意識にストレスを感じている場合もあります。危険な存在とは、いつ何時、自身に危害を与えるか分かりません。特に危険なのは睡眠時であり、いつでも反応できる様に軽い睡眠状態を作り出してしまうのです。そのため、うつ病の中には、不眠なども起きやすく、不眠が体を壊してしまう場合もあります。強度のうつ状態ほど、その傾向も強まりやすく、一時的に安全な環境を求める中で入院が必要な場合もあるのです。うつ病の種類には、一時的に元気になり出す躁病と呼ばれる症状があります。窮鼠猫を噛むではありませんが、精神的に追い詰められた中には、急に心身に大きなエネルギーが現れる場合もあるのです。そのエネルギーは、危険な刺激を与える周りの環境に対して暴力的な破壊行動に移る場合もあります。又、その存在が大きすぎると判断をすれば、自ら命を絶つエネルギーに変えてしまう場合もあるのです。そのため、医療機関と相談をし、入院させるかどうかの指示を仰ぐ必要性があります。強度のうつ病の中には、摂食障害、アルコール依存症など、家族のサポートだけででは改善しにくい内容などもあるでしょう。ストレスを与える環境から隔離し、体を元の健康体に戻す目的として、入院する方法もあります。うつ病で入院をされた場合は、自分自身に危害を与える存在はいないと思う認識が大切です。安全である認識は、心にリラックス効果を生み、心身の回復を早める効果もあるためです。うつ病で入院された患者さんは、2つの不安を抱きやすくなります。1つ目は、自身の心が回復するかどうかの不安です。もう1つの不安は、社会と隔たれている中、社会に復帰した場合、社会適応できるかどうかの不安が挙げられます。心の病における入院は、体だけの回復を目的にしているのでありません。一石二鳥と呼ばれる言葉がある様に、入院によって心と体の回復を目指しているものであり、入院前よりも力強い心身を手に入れてもらう目的があるのです。精神科などの医療機関においては、支援プログラムを行っている場合があります。このプログラムとは、特に強制で無い場合がほとんどです。ただし、改善を望むのであれば、参加する方が望ましく、自分自身に変化を起こして行く気持ちを持つのもポイントでしょう。病院は、温かさが漂う、砂漠の中にある心のオアシスです。うつ病における入院で、気をつけなければならないのは、マイナスイメージを抱くのでは無く、プラス思考で臨む気持ちを持ち合わせる事です。孤独を感じている場合は、その環境下で人間関係を作り上げ、人を求める気持ちを抱くのも良いでしょう。人を求める気持ちは、社会を求める気持ちへと変わり、回復意欲も湧いてくるためです。