入院でうつ病になった心を癒す【社会生活に支障をきたす】

気分が落ち込んでいる方へ

病院

病院や医師の選び方

季節の変わり目、大きな行事の後、気分が落ち込んだままなかなか治らない。体がだるい、体調がすぐれないなど不調が続くことはありませんか。また身近な人がそのような状態で気になっている方はいませんか。その状態はかもうつ病かもしれません。うつ病というと精神疾患の一種であり抵抗を感じる人も多いかもしれません。しかしストレスの多い現代社会では、自分でも気づかないうちに発症している人も少なくありません。うつ病はきちんと治療すれば完治する病気です。まずはしっかりと診断されること、そして必要な場合は入院などを含めた治療を受けることが大切です。入院には医師の診断が必要です。本人は病気に気が付かず、病院を受診すること、入院などの治療を受けることに積極的でない場合も多いです。家族など周りの人がきちんと医療機関を受診させましょう。うつ病にかかっているときは正確な判断や能動的な行動が難しいです。治療の必要かの判断は周りの人がサポートしましょう。本人が入院に抵抗する場合でも家族や精神科医の判断で入院させることもできます。うつ病は症状が深刻であれば自殺につながる可能性がある命にかかわる病気です。早い段階での診断、適切な治療が重要です。受診が困難な場合でも医療機関に連絡し、対応を相談することもできます。自分や家族、身近な人がうつ病かもしれないと思ったらどうしたらいいでしょうか。うつ病はきちんと治療すれば治る病気です。受診するべき診療科は心療内科または精神科です。症状を説明し適切に対応してくれる医療機関を受診しましょう。また精神疾患の治療は担当する精神科の医師との相性が大きく影響します。治療を行っていくうえで信頼でき、相談しやすい医師を探しましょう。うつ病の治療は外来で行われる場合と、入院が必要な場合がある。より症状が重い場合、また命の危険がある場合は入院が必要です。入院施設のないクリニックを受診した場合でも、入院が必要であると判断されれば大きな医療機関を紹介されるため、まずは受診しやすい病院を探しましょう。治療は薬の内服、心身の休養、医師との面談など多岐にわたります。また完治するには一般的に長い治療期間が必要であり、再発のリスクも高い疾患です。本人や周りの人が病気と向き合い付き合っていかなければなりません。治療には周囲のサポートが重要です。本人、または家族など周囲の人が信頼でき、しっかりと協力して治療に取り組める医療機関、医師を選択しましょう。治療は長期にわたるため、かかりやすい距離であることも大切です。